スポンサーリンク


【音楽】クラフトワークはなぜ偉大なのか? 音楽史を塗り替えた「ロボット」の功績 [muffin★]


カテゴリー
洋楽
スポンサーリンク
1: muffin ★ 2020/05/07(木) 14:46:09.88 ID:6SpDpS1e9
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/33804
2020/05/07

クラフトワークの共同創設者、フローリアン・シュナイダーが73歳で亡くなった。ドイツが生んだテクノのパイオニアは、後世のポップミュージックにどんな影響をもたらしたのか? ele-king編集長の野田努が解説する。

■「ロボット」という永遠のコンセプト

そのときの衝撃は、30年以上経ったいまでも鮮明に覚えている。僕は中学生で、ラジオで初めてクラフトワークを聴いた。「Showroom Dummies」という曲だった。到底、この世界の音楽とは思えなかった。いままで聴いたことのない何かに感じた。その翌年、『The Man-Machine』が発売された。僕が最初に買ったクラフトワークのアルバムだった。

それが機械で作られた音楽であることに感動を覚えたわけではなかった。ひとつにはそれが、いままで聴いたことのない陶酔的な音楽に思えたこと、そしてもうひとつは、変な話だが、リスナーとしての自分のレヴェルがひとつ上がったように思えたことが、いまでも忘れられない。こと「The Robots」(明らかに「Showroom Dummies」の延長)には本当にくらくらした。「私たちはロボット」、そう繰り返し歌う彼ら自身もロボットだった。クラフトワークは、クラフトワークというバンドではなく、クラフトワークというコンセプトであり、フィクションとなった。永遠である。
さて、ではこの偉大な存在の特徴を列挙してみよう。

1. 英米以外にもポップ・ミュージックがあることを世界中に認めさせたこと。
2. 現代音楽とポップを融合させたこと。
3. 電子音楽をポップにしたこと。
4. バンドそれ自体がコンセプトになったこと。

その影響が最初に顕在化したのは、ブライアン・イーノの『Another Green World』、デヴィッド・ボウイのベルリン3部作やポスト・パンクにおいてだった。『The Man-Machine』は、ロックの古くさいクリシェ(やかましいギター、汗臭いドラム、お決まりのシャウト等々)を否定する、ポスト・パンクのひとつの指標ともなった。UKのデペッシュ・モードやOMD、ヒューマン・リーグといったバンドがその代表的なフォロワーである。USではスーサイドがクラフトワークとヴェルヴェット・アンダーグラウンドを繋げているが、スティーヴ・アルビニのビッグ・ブラッグによる「The Model」のカバーも忘れがたい。母国ドイツからは、DAFやリエゾン・ダンジュルーズが登場した。もちろんフロント242やニッツァー・エブなどのボディ・ミュージックにもその遺伝子は伝達されている。

■クラフトワークは信仰であり、思想であり、哲学だった

さらにまた、影響はエレクトロという、80年代初頭のヒップホップにも及んでいる。興味深いことに、どう考えてもヨーロッパ臭く、白い音楽に思えるクラフトワークは、メンバーが黒人じゃないかと勘違いされるほどにUSの黒人やディスコ・シーンで受けたのである。「Trans-Europe Express」のフレーズを取り入れ、「Numbers」のリズムを使っているアフリカ・バンバータの「Planet Rock」は、アーサー・ベイカーという白人プロデューサーの入れ知恵だったが、ヒップホップのシーンでクラフトワークの人気があったことは事実である。とくに1981年の『Computer World』が、『Radio-Activity』~『Trans-Europe Express』~『The Man-Machine』と続いたメランコリーとは傾向を異にする、遊び心ある愉快な作品だったことも、当時、ヒップホップで受けた理由のひとつだろう。

ただし、クラフトワークからもっとも根深い影響を受けたのはデトロイト・テクノだった。60年代、モータウンを生んだ場所とは思えないほど荒廃した町に生きる黒人は、クラフトワークのコンセプトに対して、なかばスピリチュアルとも言えるほどの強い思いを抱き、音楽を作った。彼らにとってクラフトワークは信仰であり、思想であり、哲学だ。その初期の成果がサイボトロンの「Clear」(後に、ミッシー・エリオットにサンプリングされる)のような曲だった。「私たちはロボット」、その歌詞は、ロボットによって自動車工場の仕事を奪われた黒人労働者たちが暮らしているモーターシティでは、絶望の音楽にも聴こえ、同時に、それが未来的な響きを持っていることから希望の音にも聴こえた。長い休止に入ったクラフトワークが1991年に『The Mix』を発売するのも、デトロイト・テクノに刺激されてのことだった。そしてデトロイト・テクノ以降、つまりクラブ・ミュージックが普及した現代では、電子音楽のすべてにおいて、その影響を受けていない音を探す方がむしろ困難である。

no title

引用元: ・【音楽】クラフトワークはなぜ偉大なのか? 音楽史を塗り替えた「ロボット」の功績 [muffin★]

102: 名無しさん@恐縮です 2020/05/08(金) 05:33:49.20 ID:GnW0z9SW0
>>1の文章も日本の評論家ならではの大袈裟な言い方だよな

バンバータとかデトロイトテクノあたりの世代の黒人って
まだ被差別感があったから
とにかく米国の白人文化ぽいもの以外が好きだっただけだよ
アジアのカンフー映画とかも好きだったのと同じで
米国以外の多国籍的なもんを好んだりアイデアの元にしただけ
信仰とか思想とか大袈裟すぎる

103: 名無しさん@恐縮です 2020/05/08(金) 05:42:47.21 ID:I8+fbx220
>>102
制作クリエーターがアップル使うのも信仰、思想やん?
109: 名無しさん@恐縮です 2020/05/08(金) 11:23:08.54 ID:6VppWlvn0
>>102
ていうか、野田努を筆頭に日本のライターみんな音楽を綺麗事のストーリーにしすぎんだよ

デトロイトテクノにだって当然ながらクラブでのドラッグとか
セックスとかナンパとかそういう要素大量にあったのに
虐げられた黒人の抵抗の魂の叫びがアンダーグラウンドの何とかかんとか
そんな雑誌向けの感動ストーリー「だけ」に寄せてくる

黒人のDJだとすぐに「漆黒の魂のプレイ!」とか言っちゃったり。
本人はギャラと女の子としか考えてなかったりする

110: 名無しさん@恐縮です 2020/05/08(金) 18:01:24.95 ID:VZbAjByW0
>>109
野田努のそういう悪癖みたいなところがあるのは事実だけど
アフリカバンバータは実際にそういう思想持ってたところもあるからまあ多少はね
2: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:46:59.55 ID:EhNLZaSa0
小さくされるスタンド強かったよな
3: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:48:20.08 ID:S/XbW0fU0
YMOを生んだから
4: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:48:44.59 ID:5H/IfSb+0
Numbersだけやろ
8: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:51:19.71 ID:C3Z+K/iN0
プロレタリーな香りがするのは何故?
9: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:53:09.41 ID:XfZhLSxT0
>>8
彼らは一貫して
我々はミュージシャンではない労働者だと言ってたからね
11: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:53:39.60 ID:Ne0LqKh70
打ち込みとか無い時代にプログラムで音楽をやってたから
12: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:54:05.90 ID:9uZImBNZ0
音楽史的にはビートルズより上だから
13: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:54:10.90 ID:C3Z+K/iN0
カクカクしてリズム感無い人たち的なイメージ
14: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:55:21.42 ID:E+nTObHV0
現代音楽の祖はスティーブライヒだから
アナログでプログラムという思想を現代音楽に持ち込んだ
スティーブライヒ
47: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:39:27.44 ID:2PFWC3660
>>14
クセナキスな
15: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:56:05.65 ID:Ne0LqKh70
今では当たり前のロボットボイスのパイオニアだから
16: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 14:56:19.30 ID:NPW/NIsy0
このアルバムだけ聴いたことあるけど
ライナーが伊藤セーソクなのが意外だったな
71: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 19:29:30.66 ID:EJIOlmUB0
>>16
この音楽はファンクミュージックだと書いてたな
77: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 20:03:56.68 ID:91eK+ZZC0
>>16
クラフトワークでメディテーションだ、みたいなこと書いてたなw
18: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:18:34.94 ID:5mRlO5qq0
エレクトリックって下に見られるのは何故
20: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:21:45.92 ID:muHkHlLS0
初期3枚は廃盤ていうか無かったことになってるな
28: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:36:19.41 ID:CQqJ/v/o0
>>20
西新宿でザラザラ売ってたけど海賊版?だったな
21: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:22:17.37 ID:9URKyXBJ0
クラフトワークは神
ビートルズやストーンズ等は比較できない
22: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:24:41.87 ID:vMhXzCfF0
ボクハオンガクカ
デンタクカタテニ
タシタリヒイタリソウサシテ
サッキョクスル
23: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:27:04.56 ID:x76LNn5X0
ロボットの五音音階と三味線のような音色は非常に日本人には親しみやすい
24: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:30:32.07 ID:ZKejqh7g0
デイヴオとどっちが人気
25: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:31:47.02 ID:ceZI2rr50
ジョジョのスタンド名で知った
26: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:33:38.86 ID:y4sWltMw0
コンピュータラヴ♪
27: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:35:58.26 ID:fbtoyV350
ツールドフランス♪
29: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:37:28.18 ID:pg1SK7by0
野田努の言ってることかなり無理な牽強付会多いから信用しないほうがいいぞ

テクノテクノで何でもデトロイトテクノに持ってくし

英語読めるやつならオリジナルの話読んだほうがいい

33: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:09:41.62 ID:m6xm84TX0
>>29
デトロイト至上主義は苦手だわ
URだってハードコアやってた訳だし、ハウスとの境目もなくなってるし
いつの思想だよと
50: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:47:57.03 ID:51DAq9K10
>>29
日本の名前が売れてる音楽評論屋って、
どれもこれも思い込みが激しい我田引水系だよね
佐々木敦とか

アメリカの評論家で大家扱いされてる人は、
ロバートパーマーとか、ちゃんと学術的資料価値がある本とか書けるんだけどね
日本はアカデミックとは無縁は感想文書いて、メディアででかい声出せる奴が評論家で有名になっちゃう国だから、
文化レベルが低いよね

59: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:41:07.54 ID:CipJdMzb0
>>29
テクノテクノで
草木もなびいてるんだよな
148: 名無しさん@恐縮です 2020/05/10(日) 08:18:44.02 ID:mafmBRbH0
>>59
シンセサイザーコードだらけなんだよな
166: 名無しさん@恐縮です 2020/05/11(月) 06:23:28.58 ID:A69aX3Ca0
>>148
女はしびれて感電死するんですね
31: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 15:39:18.18 ID:4092NkbD0
ブロッケンJrのテーマ曲も影響を受けている
34: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:10:57.36 ID:Dmbteifu0
>1
スーサイドってこんなところに名前が出るほどメジャーだったのか
56: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:14:33.57 ID:fPRkCiO30
>>34
マイナージャンルのビッグネームでしょ
ロックのガイド本でも常連だし
37: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:18:12.14 ID:Z7d/IMgl0
古臭いんだけどそれが凄くいい
電気、家電、レトロフューチャーって感じで
38: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:19:01.12 ID:0ChOD/QG0
ピコピコにグルーヴが有るのを知らしめたから
42: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:22:36.53 ID:Dkc5iihA0
完全に後追いだけど初期がいい
人間解体とかなんか違うわ
46: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:34:38.01 ID:+/q7d20y0
最高傑作はエレクトリックカフェでしょ。
48: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:41:30.10 ID:4COzU7xE0
オレも中学生の時ラジオで聴いて衝撃を受けて次の日にCDを買いに行ったから、少し野田と似てるかも。
ちなみにそのラジオのDJは布袋寅泰で、かかった曲はロボット。
49: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:44:05.06 ID:mDpEDlSm0
1stアルバムは衝撃だった。
52: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 16:57:09.76 ID:x76LNn5X0
YMOはもちろん参考にはしたと思うけど、結果としては似てないと思う。
インソムニアがショールーム・ダミーズっぽいと思ったことはあるけど。
53: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:01:59.95 ID:/PckkF5l0
ナムコのゲーム音楽は全部クラフトワークっぽい
55: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:07:09.90 ID:9b2GPaar0
予備知識無しで初めて買ったCDがヨーロッパ特急でなんだこりゃと思った思い出
57: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:33:09.36 ID:Rs2TotE00
ドモアリガト
また会う日まで
61: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:45:35.93 ID:3P4F9Spi0
クラフトワークの話になると必ずYMO下げが来るよな
パクリも何も全然違うと思うけど
63: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 17:54:07.93 ID:d7NG+23o0
クラフトワークは退屈だわ
無理だって
65: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 18:03:13.34 ID:FV2mkAv20
YMOがクラフトワークの影響受けたのは初期だけで
その後はどんどん変化して、独自の路線を切り開いていった
テクノデリックに至っては、もう世界的にも先駆者的に成ってた

クラフトワークは、良くも悪くも変わらないんだよね

67: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 18:39:28.13 ID:sAHl4B5Q0
>>65
たしか横尾忠則がクラフトワークを細野さんに紹介したんじゃなかったかな?
そして元来は横尾さんがYMOのコンセプト担当みたいな予定だったと思う

クラフトワークは人間解体でロシア構成主義のアートとテクノ音楽を結び付けたのがすばらしいアイデアだったと思う
これにより一気にテクノ音楽がロシア構成主義みたいなイメージで世の中に広がったと思う
テクノ精神をビ

72: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 19:30:26.92 ID:HnCoymrr0
日本で言うところの電気グルーヴみたいなもんか。
76: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 19:55:35.77 ID:FZmk4fSw0
当時のDISCOに革命をもたらしたバンドの一つ
曲は明らかにザ・モデルだよ
当時のファッション誌や新宿の某専門学校やらの
最先端人間が即飛びついたからね
他にはDEVOとB-52’s
78: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 20:24:01.77 ID:Khbfoqq/0
すすめパイレーツで江口寿史がおすすめしてたな
82: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 21:21:31.14 ID:oxEmEV4t0
最初はプログレバンドと呼ばれてたのが、いつの間にかテクノの神様と崇められてて
ブラック・ジャックが恐怖コミックスからヒューマンコミックスになるぐらい驚いた
関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました